ピコレーザーならタトゥー・刺青除去を短時間で治療が可能!全色対応!/あやべビューティークリニック福岡

タトゥー・刺青(入れ墨)除去のあやべビューティークリニック福岡

ピコレーザーとは?

タトゥー・入れ墨(入れ墨)を消したい理由

様々な理由でタトゥー除去をされる患者様が多数いらっしゃいます

就職活動等、仕事への支障
就職活動等、仕事への支障
日本では、タトゥーが入っていることで会社や一緒に働く人への理解を得られない
ケースも数多くあり、転職活動を機に
タトゥー除去する人がいらっしゃいます。
結婚・出産前に消したい
結婚・出産前に消したい
結婚前の親族の目線やウェディングドレスからタトゥーが見えてしまうといったケースに対応します。
タトゥーは結婚・出産時に様々な悪影響が考えられます。
MRIなどの検査が出来ない
MRIなどの検査が出来ない
病院によってはタトゥーが入っている方はMRIの検査が出来ない場合があります。
タトゥーの染料に含まれることがある金属が機械に辺の王して正しい検査が出来ないことや、火傷をする場合があるからです。
温泉やプールへ行きたい
温泉やプールへ行きたい
タトゥーがある事で、お子様と一緒にプールへ行けない。家族とゆっくり温泉にも行けない。など…
公共施設では、タトゥーを入れている方の入場を断られることがあります。
保険に加入出来ない
保険に加入出来ない
タトゥーがあることで、保険の加入を断られる場合もあります。
その理由は、タトゥーを入れる時にB/C型肝炎感染の疑いがある。とみなされます。
デザインが年齢と合わない
デザインが年齢と合わない
若い頃にファッション感覚でタトゥーを入れたが、そろそろ年齢的にも合わなくなってきた。アートメイクを入れたが、今の流行に合わなくなってきた。という理由の患者様もいらっしゃいます。

ピコレーザー(エンライトン)とは?

このようなお悩みの方は必見です!

タトゥーの女性

ピコレーザー(エンライトン) 今までのタトゥー除去はQスイッチレーザーが主流でしたが、Qスイッチレーザーでは、何回治療しても消えないタトゥーがありました。ピコレーザー(エンライトン)なら今まで除去できなかったカラーを取り除くことが出来るようになりました。
また、Qスイッチレーザーより約半分の治療回数でOK!
以前のレーザー除去で治療期間も長くタトゥーが取れないと諦めていた患者様もピコレーザーの治療をされています。一度当院へご相談下さい。

ピコレーザー(エンライトン)の特徴

従来では排除しにくい色の入れ墨・タトゥーも細かい振動を与えることで十楽の昨日より高度な除去治療が可能になります。

バルス幅とピコ秒のグラフ

レーザー1発が照射されている時間を「パルス幅」と言います。ピコレーザーは、
1ピコ=1/1,000,000,000,000秒(1兆分の1秒)単位でレーザーを照射する為、タトゥーの色素を微粒子まで分解出来るようになりました。従来のQスイッチレーザーでは大きなタトゥーインクの粒子のみしか破壊出来ませんでしたが、ピコレーザーではタトゥーインクの粒子を破壊して小さくしてから更にその粒子を破壊することで、刺青やタトゥーをきれいに除去して いきます。

段階的に染料の粒を小さく。染料の粒子が一つひとつ細かくなることで、免疫細胞による入れ墨・タトゥー除去が早くなります。

ナノ秒・ピコ秒・バルス幅のイメージ

タトゥー・入れ墨のインクを「大きな石」に例えた図。免疫細胞が染料を排除しやすいように、レーザーによって石(粒子)を壊し、段階的に染料の粒を小さくします。
小さな粒となった染料は免疫細胞によって体外に排除され、キレイな肌へと生まれ変わりが早くなります。

Qスイッチレーザーとの比較

  Qスイッチレーザー ピコレーザー(エンライトン)
色によっては消せないものがある 全色対応
治療回数 数回、十数回かかる 従来レーザーの半分の回数でとれる
痛み 強い ピコ秒照射なので痛みを感じる
時間が短い
※痛みは個人差があります。
※痛みを感じる方にはマスク麻酔を致します。
特徴 表皮、真皮部分の黒色に反応してシミとなる細胞や刺青のインクを熱破壊 タトゥーインクの粒子を破壊して小さくしてから更にその粒子を破壊する

ピコレーザーでは、従来のQスイッチレーザーより
治療回数が少なくて済みます。

治療回数の比較はこちら

あやべビューティークリニック福岡  お悩み別 サイトご案内

当院では、みなさまのお悩みに詳しくお応えできるように、専門サイトを設けています。
美容外科についてもっと知りたい >>

Page Top

© 2017 刺青除去・タトゥー除去・TATTOO除去・入れ墨除去・アートメイク除去はあやべビューティークリニック福岡. All Rights Reserved.  last-up-data.2017.08.25